topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT - 2009.01.28 Wed

ムービープラスにて視聴。

アリゾナのクルマ好き青年ショーンは、ある日草レースで大クラッシュを起こす。暴走行為の常習だった彼は少年院行きと引き替えに、日本の米軍基地にいる父の元でクルマに一切触らないで暮らすことを母親に告げられる。一人東京へとやってくるショーン。だがほどなくして夜の街でドリフトをする集団を知り、そこで出会ったヤクザを叔父に持つチンピラD.Kとドリフト勝負をすることになってしまう。が、ドリフトを知らない彼はD.Kに軽くあしらわれ、挙句借り物のチューンドカーをクラッシュさせてしまう。
ショーンはクルマの貸し主、ハンに気に入られクルマの弁償を兼ねて取り立て屋を手伝いながらドライブテクを教わっていく。やがてD.Kとの確執は深まっていき、ついにある日決定的な出来事が起きる。全ての決着をつけるため、ショーンとD.Kの一対一のバトルが始まる。


シリーズ第三作ではあるけど、前二作とは全く関係ない話。
ストーリーは、まぁ普通というか無難な感じ。まぁ話はそれで十分な映画なんですが。
結論から言うとかなり気に入りました。舞台は日本だけど製作はアメリカのお陰で、いわゆる若干間違った日本観、風俗観(ある意味、昭和と平成の境目辺りってこんな雰囲気だったんじゃないかなって感じですが)が随所にあるのが逆にいい味を出してます。
全般的に、肝心の走りのシーンはかなりいい感じ。
特に、中盤の新宿近辺でのチェイスシーンはかなり見ものかと。流石にあの規模のクラッシュ、炎上シーンは撮影許可が下りなかったらしく、ロスの市街を封鎖し実物大の東京市街地セット(!)を組み、背景を合成して再現してるそうで。その気概が嬉しいじゃないですか。
他にも普通の立体駐車場や風呂屋があるような下町をバックにスーパーチューンドが走る(これは実際の日本)みたいなシーンもあって、やっぱり実際に知ってる風景にすごいクルマがあるって画はいいもんです。

メインともいえるクルマは、どれもこれもすごいことになってます。
ガッツリ改造費がかかってるクルマがガンガン出てきてかなり豪華な感じ。個人的にはハンの乗ってたツートンのFD(パッと見原型が解らないくらいフォルムが違う 笑)がかなりいい感じかなーと。
あとショーンが乗ってたエボIX、四駆であんなにドリフトかませねーだろーとか思ってたら…FRに改造してあるそうな。いやーまいった(笑
DVD欲しい。コメンタリーがあったら買いだな。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miyabikawa.blog77.fc2.com/tb.php/173-5f07da3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大戦3ギャル武将 «  | BLOG TOP |  » わたでき2

プロフィール

雅川佐倉 Miyabikawa Sakura

Author:雅川佐倉 Miyabikawa Sakura
twitterはこちら↓。
twitter

mi_ya_bi★jcom.home.ne.jp
(★→@)



↓ご意見などもこちらからどうぞー。

web拍手 by FC2

雅川佐倉:ミヤビカワサクラ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。